FANDOM


ゴーストバスターズ
Ghostbusters
200px
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 ダン・エイクロイド
ハロルド・ライミス
製作 アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 バーニー・ブリルスタイン
出演者 ビル・マーレイ
ダン・エイクロイド
ハロルド・ライミス
シガニー・ウィーバー
リック・モラニス
音楽 エルマー・バーンスタイン
主題歌 「ゴーストバスターズ」
レイ・パーカー・ジュニア
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 シェルドン・カーン
配給 コロムビア映画
公開 Flag of the United StatesFlag of Canada 1984年6月8日
Flag of Japan 1984年12月2日
上映時間 105分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3000万ドル[1]
興行収入 2億3860万ドル[1] Flag of the United States[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]]
2億9160万ドル[1] [[image:テンプレート:Country flag alias World|border|25x20px|テンプレート:Country alias Worldの旗]]
次作 ゴーストバスターズ2
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ゴーストバスターズ』(Ghostbusters)は、1984年のアメリカ映画。三人の学者が、幽霊退治に賭けるSFコメディ映画。

ゴーストバスターズとは英語で「幽霊退治人」という意。1984年北米興行収入第1位、歴代では7位(当時。2009年時点では37位)という大ヒットを記録した。アイヴァン・ライトマン監督。

ストーリー 編集

ニューヨークのコロンビア大学で超常現象や幽霊・霊体の研究者が、一方的に研究費を打ち切られ、科学的に超常現象全般を扱う会社「ゴーストバスターズ」を開業。ビジネスは大当たり、メディアや行政からも注目視される。そんな中、謎の巨大霊的エネルギーが接近していた。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語版1 日本語版2 日本語版3
ピーター・ヴェンクマン博士 ビル・マーレイ 安原義人 野田秀樹 樋浦勉
レイモンド・スタンツ博士 ダン・エイクロイド 玄田哲章 堀勝之祐 広川太一郎
イゴン・スペングラー博士 ハロルド・ライミス 牛山茂 西沢利明 小川真司
デイナ・バレット シガニー・ウィーバー 駒塚由衣 田島令子 鈴木弘子
ルイス・タリー リック・モラニス 高木渉 山口良一 富山敬
ジャニーン・メルニッツ アニー・ポッツ 安達忍 藤田淑子
ウィンストン・ゼドモア アーニー・ハドソン 菅原正志 銀河万丈 玄田哲章
ウォルター・ペック ウィリアム・アザートン 森田順平 小川真司 羽佐間道夫
レニー市長 デヴィッド・マーギュリーズ 小島敏彦 阪脩
大司教 トム・マクダーモット 伊井篤史 北村弘一
警視総監 ノーマン・マトロック 仲野裕 飯塚昭三
ホテル支配人 マイケル・エンサイン 岩崎ひろし 青野武
ゴーザ スラビトザ・ジャバン 真山亜子
  • 日本語版1:DVD用新規製作
  • 日本語版2:1987年10月3日 フジテレビ 『ゴールデン洋画劇場』
  • 日本語版3:1989年4月16日 テレビ朝日 『日曜洋画劇場』
演出:壺井正、翻訳:平田勝茂、調整:飯塚秀保、効果:PAG

配役 編集

当初、脚本段階では主役のヴェンクマン博士はジョン・ベルーシが演じる予定だったが、彼の急死によりビル・マーレイが演じることとなった。また、リック・モラニスが演じたルイス・タリーも、もともとはコメディアンのジョン・キャンディが打診されていた。キャンディはレイ・パーカー・ジュニアが歌う本作の主題歌のプロモーション・ビデオにカメオ出演している[2]

ゴーストバスターズの“頭脳”でもあるイゴン・スペングラー役には、チェビー・チェイスクリストファー・ウォーケンマイケル・キートンジェフ・ゴールドブラムジョン・リスゴークリストファー・ロイドが打診された。だが、もともと脚本にも参加してキャラクターを熟知していると言う理由で、ハロルド・ライミスが同役を演じた。

後に新人ゴーストバスターズとしてやって来る黒人のウィンストン・ゼッドモアは、エディ・マーフィを構想していたとのことだが、マーフィーは同時期に撮影された『ビバリーヒルズ・コップ』を優先させたためにアーニー・ハドソンが演じた。彼以前にはグレゴリー・ハインズも候補に入っていた。

ゴーザ役には当初、ピーウィー・ハーマンで知られるポール・ルーベンスデヴィッド・ボウイも候補になったが、結局ユーゴスラビアのモデルであるスラビトザ・ジャバンが演じた。

ゲーム 編集

本作のヒットに伴いパソコンゲームが発売され、ファミコンにも移植された。しかしファミコン版は何をすれば良いのか判り辛い仕様や、所持金を延々と増やせるバグ、黒地の画面に「りり」と表示されるだけのエンディングなど問題点も多い(なお、英語版ではプレイヤーをたたえる文字が表示される)。

その他 編集

  • 劇中に登場する主人公達の白い車(Ecto-1)のベースは1959年型キャデラックで、霊柩車として実際に使われていたものを撮影用に改造している。
  • 1984年版ゴジラ』では、ゴジラが有楽町を襲うシーンに本作のマークが紛れている。
  • ユーザインタフェースマークアップ言語であるXUL(ズール)の名は、本作の登場人物Zuulに由来する。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 テンプレート:Cite web
  2. 本作に挿入されているレイ・パーカー・ジュニアによるテーマ曲のプロモーション・ビデオには、本作に出演しているビル・マーレイをはじめとするメンバーのほか、チェビー・チェイスメリッサ・ギルバートジョージ・ウェントジョン・キャンディダニー・デヴィートピーター・フォークテリー・ガーアイリーン・キャラアル・フランケンカーリー・サイモンら豪華な顔ぶれがカメオ出演を果たしている。

関連項目 編集

外部リンク 編集